「笑顔を撮る」プロカメラマン。浜松市の出張写真撮影。

「笑顔を撮る」プロカメラマン。浜松市の出張写真撮影。

ストックフォトPIXTA販売用の料理写真「ローストビーフ」の調理と撮影です。

   

ストックフォトPIXTA販売用の料理写真「ローストビーフ」の調理と撮影です。

静岡県浜松市の出張写真撮影プロカメラマンのフォトぱぱ〜ん内藤は、このようなお料理写真を調理〜撮影まで行い、ストックフォトPIXTA(ピクスタ)にて販売を行っております。

もやし炒めやホウレン草炒めのような超お手軽なお料理から、鯛の土鍋ごはんなどの和食、パスタ等のイタリアン料理などの料理を作り、
それを撮影してインターネットの写真販売サイトにて販売するのです。

今回は、近くのJAとぴあにて、国産交雑牛のお手頃価格の赤身の牛モモ肉があったので、ローストビーフ を作ってみました。

お料理写真、フードフォトのローストビーフ (赤身の牛モモ肉)

お料理写真、フードフォトのローストビーフ (赤身の牛モモ肉)

ローストビーフやステーキのポイントは「焼く前に常温に戻し、お肉の中心が冷えすぎない」こと。

お肉の中心が冷たいままだと、外側ばかり熱がどんどん入り、生焼けになったり、逆に焼きすぎてお肉が硬くなったりするからです。

ローストビーフはオーブンを使わずに、最初にフライパンで牛モモ肉ブロックの全面をくまなくローストして焦げ目をつけ、
そのお肉をアルミホイルとラップでくるみ、用意しておいたお湯(60度〜)に入れ重石をし、20〜30分弱ゆっくりと加熱します。

タンパク質の凝固温度は50〜60度付近らしいので、うまくモモ肉の中心がゆっくりじっくり加熱されれば、
ほんのりピンク色の美味しそうなお肉の断面になります。

ただ、ローストビーフはブロック状のお肉のかたまりですので、大きさが大きいほど加熱は難しかったりします。
また4方向からの熱が均等に入るよう「なるべく断面が正方形近い」モモ肉ブロックを選ぶのがコツです。

お料理写真は「照明ライティング」と「食器・小物類とお料理の統一感とバランス」が命です。

お店でのお料理撮影もお仕事でよくありますので、
ライト(アンブレラやソフトボックス)の様々な距離や角度、照度によっての、お皿の影の出方やお料理の艶感などの違いなどの
シミュレーショントレーニングも兼ねています。

以前はソフトボックスを好んで使っていましたが、ここ最近は初心に立ち返り「アンブレラ」を使ったライティングでトライしています。

また、お料理写真、フードフォトのポイントとしては「お料理に対しての、形(機能性があっている)はもちろん、食器やお皿の質感や色、大きさによって、
お料理が美味しく見えたり高級に見えたり、またはカジュアルに見えたり、変幻自在となります。
いわゆる「フードコーディネート」です。

特に留意しているのが「シズル感」と「そのお料理のテーマ性(背後に感じるライフスタイル)」でしょうか?
和食なのか洋食なのか、誰が食べるためのお料理なのか(お料理のカットサイズなど)、どのように・いつ食べるのか?などなど。

そういう意味では、料理撮影に100%の正解はないので、常にトライアンドエラーの繰り返しとなります。

静岡県浜松市の出張写真撮影カメラマン
笑顔を撮るカメラマン フォトぱぱ〜ん内藤昭太
お問合せメールアドレス info@photo-papan.com
ホームページhttps://www.photo-papan.com
インスタグラムhttps://www.instagram.com/photo_papan_naito

 - ストックフォトPIXTA販売用写真, 料理写真撮影のコツ , , , , , , , , , ,